teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ありがとう。

 投稿者:しあわせ人  投稿日:2014年11月18日(火)05時45分30秒
  昭和44年度(45年3月)に英田中学校を卒業して、何回も、おそらく他の学年生よりも数多く同窓会をして来ていると思う我が”しし会”も今回の還暦修学旅行は、最高の感動と思い出となった同窓会になりました。やむを得ず、参加できなかった方もいましたが、その方がも含め、一人一人に感謝です。特に、純ちゃんは、少し体が痛いのを我慢して参加してくれてありがとう。弘幸くんは、いつもホローしていてくれました。ありがとう。15日朝7時に英田支所前を出発して16日夜7時過ぎに支所に着くまで、お酒漬けの時間でしたが、帰りのバスの中では、あれほどカラオケで熱唱したことはありませんでした。気持ちがこもって上手に惚れるぐらいな歌と我がままにひたすらマイペースで歌ってくれるも者とのギャップがすごい。最高でした。歌えない僕には、どちらも、立派ですごい楽しませてくれて、ありがとう。全員とは言えなかったが、歌える人は、歌ってよかった。次の時には、必ず、カラオケタイムを取らないとね。60歳の節目、還暦を迎えて103人いた同窓生も、はや、5名が亡くなり、これから仕事もリタイヤして体も無理がきかなくなっていくみんなだが、十分に体に気を付けて、頑張って行ってもらいたいと思っています。どこかの神社かお寺で健康の祈念をしてもらえば良かったですね。気が付かずごめんなさい。この掲示板で”(高天原から・・・・)しし会のみんながいつまでも健康でいられますように”
話は、つきないが、ひろちゃん・純ちゃん・かずひこくん・ひとっさん・かずゆきくん・のぶはるくん・ひろゆきくん・はっちゃん・かずみちゃん・ひろこちゃん・ゆみちゃん・きょうちゃん・ちずかちゃん・みっちゃん・ふじおくん・つねひでくん・とよふみくん・かつみちゃん・なおちゃん・けんちゃん・まーちゃん21名にありがとう。
 
 

最高の還暦旅行でした

 投稿者:しし会出張者  投稿日:2014年11月17日(月)16時15分4秒
  11月15日、16日の還暦旅行は最高でした。朝7時役場前から出発。7時5分には缶ビールが空いていました。高下、岡山、姫路、大阪で乗り込んだ皆を含め総勢21名。45年ぶりの奈良、京都は懐かしく新鮮でした。夜の宴会はにぎやかに近況報告、その後二次会へ。下山元警部殿と健さんの歌合戦を聞き、11時頃にホテルへ帰宅。大いびきをかいて就寝。翌朝は元警部殿の独演会。次から次へと歌が飛び出し、大変な盛り上がりでした。マーちゃんは涙を流しながら歌声に聞き入っていました。ガイドさんからも警部殿に最高級のほめ言葉を頂き、本人もさぞかし満足したことでしょう。結局最後までカラオケをしながら福本に着きました。楽しい一時でしたが、本日はさすがに疲れて仕事が手に着きません。仕方なく、この書き込みをしています。来年の夏には全員60歳になりますので、岡山か湯郷かどこかで同窓会をしようと話しが出来上がりました。今回来られなかった方々、次の機会に会いましょう。最後にマーちゃんお世話を有り難うございました。またバスの手配をして頂いた有本君、お世話になりました。警部殿次回も楽しい歌を聴かせて下さい。皆さんお疲れ様でした。  

サウジアラビアから

 投稿者:しし会出張者  投稿日:2013年10月30日(水)11時32分4秒
  トルコのイスタンブール経由でサウジアラビアのジェッタという街に来ています。普通この街へ来るにはドバイ経由が良いのですが、何故かスターアライアンスびいきの仲間がトルコ航空を予約したものですから、とんでもない経由になってしまいました。お陰でイスタンブールまで12時間、ジェッタまでが3時間半、更に入国審査で1.5時間、長ーーい長旅でした。しかしラッキーもありました。途中エジプト上空でピラミッドが見えたのです。グーグルアースでは何回も見たのですが、本物はなかなかの物、降りて近くで見たい気分でした。こちらの街並みは砂漠の中とは思えないほど・・・高速道路に高層ビル、なんや日本と変わらんがな。でも人々の服装は違います。男性は白装束にひげ、女性は黒装束で覆面、異様です。ホテルに到着して食事、話しには聞いていましたが、アルコール類がありません。スパークワインと思いきや、ただの水、仕方なくノンアルコールビールを注文、まーいいか・・・γの高い私には良い休肝日です。今回の仕事は、海水淡水化プラント。アラブの大金持ちが1日100万トンの淡水を作り、砂漠に芝を植えてゴルフ場でも作るのでしょう?そう言えば車から見た街並みは大きな塀に囲まれた豪邸ばかりでした。あの家の中では、きっと冷えたビールでも飲んでいるのでしょう。帰りも同じ経路です。今度は紅海からスエズ運河でも見ながら帰りましょ。途中シリアやイスラエルの戦闘機に撃ち落とされないことを願いながら・・・帰ったら思いっきり焼酎でも飲み、γを上げて青山重男先生の小言でも頂きましょうか。来年の正月同窓会コンペに61祝い、そして皆さんとの61記念旅行を楽しみにしながら、明日も頑張ります。また会いましょう・・・  

ミニ同窓会IN岡山

 投稿者:まーちゃん  投稿日:2013年 7月 1日(月)05時08分39秒
  6月29日(土)アークホテル岡山でミニ同窓会を開催しました。
参加者26名で、大変盛り上がりました。英田中学校卒業して44年、しし会の(44年度卒)と不思議な数字の関係となったことを教えてくれた、仁志君の司会で始まり、今年、4名の初参加の方もいて、大変、懐かしく、元気な顔ぶれを見た時、同窓会は、いいなと思いました。3次会・4次会と終了は、朝方でしたが、こんな時間をあたえてくれた全ての人に感謝です。
次回は、来年、秋に京都OR(AND)奈良への一泊バスの旅に決まりました。
10月中旬以降になると思います。
来年、還暦を迎える年に中学の卒業旅行でみんなで行ったコースのアイデアを出してくれて有り難う。大型バス45名乗りいっぱいの参加があれば、最高ですね。中学の時に行った、コースの資料などあれば、教えて下さいね。
また、今回、事情が有り参加出来なかった人も、是非参加して下さいね。
僕のブログへ参加してくれた集合写真をアップしておきます。





http://blog.livedoor.jp/aidanet/

 

(無題)

 投稿者:みーsan  投稿日:2011年12月 8日(木)14時17分15秒
  早いもので、震災から9ヶ月経ちました。季節はもう師走。
仙台も復興して以前の街並みとなり、今は光のページェントで、定禅寺通りはそれは綺麗です。今年は鎮魂の光です。一つ一つの光を見ていると、悲しみが襲ってきます。
沿岸沿いは信号もまだついていないというような場所があります。

先日、仕事で福島県に行って参りました。
空気汚染は継続して大きな問題となっており、転居する家庭も多く、相馬市→福島市へ、福島市→仙台市へ、郡山市→会津へ。また他県と次々に転出が続いています。子供たちが1/3になった地域も多くあると聞きます。
移転の費用だけでなく、心にも多くの負担を抱えていらっしゃいます。

医学的にも実証されているようですが、年間被爆量が100ミリシーベルトを超えると、放射線がDNAを傷つけ癌発生率が上がると言われています。
つまり、1時間に浴びる量が、1.2μSVを超えると心配です。空気中だけでなく、明治のミルクにも含まれていたように、食料の中にも恐らく当然含まれています。内部被爆です。
現在、福島は1μSV前後。転出した子供たちはともかく、残っている子供たちが今後どのようになっていくのか、線量の高い地域の子ども達が、成長過程でまた将来(子孫)へ、何も起きないということはありえないでしょう。

地震、特に津波は2万人の犠牲者を出しましたが、原発問題は福島県を中心に近隣から関東圏内にまでその影響を及ぼし、セシウムやプルトニウムの半減期を考えても、今後も引き続き全国に渡って相当な問題が起こってくると危惧します。
今回の原発問題は莫大な損害を日本に齎しました。
目先の利益に囚われず、何らかの理由でこのような事故が起こってしまった場合でも、その対処法(除染法)が確実にあり、安全性を確認してからの使用開始を改めて願っております。

来年は少しでも良い年になるようにと願うばかりです。
どうぞ、英田中学校のOBの皆様、良い年をお迎えくださいますように。
 

原発推進?

 投稿者:しし会出張者  投稿日:2011年 6月 2日(木)18時27分29秒
  只今、中国沈阳(しんよう)に来ています。原子力発電所に使用される海水と真水の熱交換用チタン管製造設備の売り込みです。今年は既に5ラインの受注がありました。因みに1ライン1億円少々です。
中国、中近東、韓国と原子力発電所の建設がブームであり、多くの使用量が見込まれています。先の震災では福島原発により未曾有の大災害が発生し、未だ解決できない状況ですが、これらの諸国、特に伸びる中国にとっては、背に腹は代えられぬとのことで空前の原発ブームが起こっています。我が社は昭和50年に同装置を開発して以来、たくさんのチタン管製造設備を世の中に送り出してきました。しかし大事故が起きた現在、非常に複雑な思いで販売を行っています。原発推進派ではないのですが。
子供の頃、雨に濡れたら頭がはげると親から脅かされたものでしたが、これは当時の中国が核実験を行ったことが原因だと思います。しかし原発が事故を起こしたら核実験の数百倍以上でしょう・・日本にいたら偏西風に乗っていろんな物が飛んできますよ。既にはげた人は宜しいのですが・・・
これからは、どのような世の中になるのか?全く想像がつきません。住みにくい世の中になりました。
 

(無題)

 投稿者:みーsan  投稿日:2011年 5月29日(日)21時45分56秒
  仕事で秋田にいます。仙台から来る途中の新緑がそれは綺麗でした。
こういった時間を過ごせることがありがたいです。普通の生活が幸せだということを今回の震災で改めて感じました。3月から日々の生活を送ることに必死で、いつの間にやら6月。気がつけば初夏なのですね。

地震直後は、物も情報も手に入らず、東京にいる娘がネットで調べて情報を送ってくれたのは助かりました。どこのガソリンスタンドが開いているとか、どれくらい待つとか。食料やお風呂情報、仙台中心部で電気が来始めたとか。仙台人より詳しい。携帯もワンセグや通話だとあっという間に充電がなくなってしまい、メールが結構役立ちました。
でも東京も結構揺れたようですね。交通機関がストップし、会社の後輩は、20km歩いて帰ったとか、途中スニーカーや自転車を買ったと言っていました。

そして直後の原発。海外の情報の方が正確で、すでにメルトダウンが始まっていると知りあわてました。関東圏にいる子供達には岡山に行くよう伝えましたが、たくさんの人達が関西に流入していると言っていました。確かにメルトダウンは起こっていたのですが、漏れ流れ爆発しなかったのは幸でした。でも、海に漏れ出し、潮の流れで南下していると聞いています。

先日、仙台の東部自動車道を通る機会がありました。海から3kmにあるこの高速自動車道が津波を遮っていて、海方面は瓦礫の山、中心部側は今まで通りの風景。この道路によじ登った人が助かったそうです。

仙台の街は、ほとんどが元に戻り普通の生活が出来始めています。ダイエーに2時間並んで買ったのが昨日のことのようです…。ただ、現在も全てのホテルが満室です。ボランティアの方々の宿泊に使用されているそうです。海沿いの被災地は復興には数年かかるでしょう。
今の自分に出来ること、東北経済を活性させるため、仕事を微力ながらも頑張ることでしょうか。

まだ余震は続いていますが、大きな余震が来ないこと、原発の収束は無理そうですが安全に一段落しますように。

 

千葉も地震大変でした

 投稿者:千葉より  投稿日:2011年 5月29日(日)02時36分26秒
  仙台の「みーsan」本当に大変だった事と思います。その後は少し落ち着きましたでしょうか?千葉も震度6弱でしたから!!・・3月11日あの日は私はスーパーで買い物中でした。今まで関東に来て、震度4ぐらいの地震には慣れていたけれど、こんな長くてひどいのは初めてです。店内の商品がバサバサ落ちてビンは割れて・・その後、車で自宅のマンションに帰ると、近所の方が皆外で不安そうにして、家に入れない状態でした。家は4階だから、まだ食器棚も倒れず良かったですが、書類棚から本や書類が雪崩落ちて、床が足の踏み場も無くなった程度で、とにかく、食器棚が倒れなったのは良かったです。でも7~8階以上のところはみんな食器は壊れ、本棚は倒れ、家の中がぐちゃぐちゃでした。その日は余震がひっきりなしに続き、怖くて、怖くて、日が暮れるまで車の中で途方にくれていました。
でも、地震と余震の怖さは仙台に比べると、比じゃあないですよね。それから2~3週間は夜は服を着ていつでも逃げられる状態で、不安な状態で寝ていました。
テレビは毎日毎日、地震と津波と福島原発の事と、ACのコマーシャルばかりで、いったい、日本はどうなって行くんだろうか、非常事態の中、節電しろと言われても、怖いから夜は電気をつけっぱなしでした。
一瞬で、すべてを失った人や、ご遺体も見つからない人々の気持ちは、私が想像する以上の悲しみだろうと思うと、今でも悲惨すぎてテレビを見ながら涙が出ます。何も出来ないけれど、私が出来る事は・・義援金ぐらいしか出来ていません。
でも、自分が何が出来るのか~といつも考えています。音楽で何か出来たらと思ってます。
仙台は「ジャズ」が盛んな街ですよね! お金も大切だけれど、本当は、皆は、元気をもらいたいとか、癒されたい、わかってもらいたい、と思っていると思います。でも人が普通の心に戻るには、段階がそれぞれだから、鬱の人に元気出して!って言うような乱暴な事にならないようにしてあげるのも優しさなんだと、そう思う。
携帯電話の緊急地震速報の警報が鳴る度に、ドアーを開けて、外に逃げる事が頻繁でした。茨城や千葉沖でも、連鎖的に余震が起きて、2ヶ月ぐらいで少し落ち着いてきたけど、でも今でも余震は毎日あります。普通にパジャマを着て、普通に寝られ、ガスも電気も普通に使えて、ガソリンスタンドでガゾリンを入れられるのが、本当に有難いと感じてます。千葉でさえ、水が無い、電池が無い、ガソリンが無いでパニックだったです。
津波の高さは「想定外」って言う言葉をきくたびに、怒りを覚えます。今も解決していない福島原発の東電もです。私の住んでいる場所は原発から190㌔ですが、千葉の農産物も影響で、茨城産の農産物は売れないです。
私でも、空気中の放射線と水汚染を気にしながら生活しているんだから、福島や仙台の人たちは、毎日脅えながらの生活だと、想像できます。
どうぞ、お元気で、健やかにお過しできることを心からお祈りしています。
それから、私にお見舞いや、お見舞いメール、電話をしてくださった、同窓生の皆様、お気遣い、ご心配、有難うございました。
何とか元気で頑張っています。有難うございます。
平和で温暖な岡山が恋しいです。
 

出張者様へ

 投稿者:まーちゃんより  投稿日:2011年 5月19日(木)02時54分18秒
  仕事も震災もご苦労様です。
個人が出来る範囲はしれているかもしれませんが、少しでも出来ることをと思います。お盆のゴルフは、安いゴルフ場を探して、チャリティーゴルフにしましょうか。同じ親睦会での少しでも・・・。また、ゆっくりお話し聞かせて下さい。
 

塩谷岬へ・・・

 投稿者:しし会出張者  投稿日:2011年 5月18日(水)07時51分19秒
  今、台湾に来ています。久しぶりにしし会の掲示板を見て先日出張した東北を思い出し、書き込みを行っています。最初の訪問先は那須塩原でした。震源地からは遠く、被害もたいしたことはないのでは?と思って工場に行ったのですが、工場シャッターのほぼ全部が破損し、工場のトラスも引きちぎれて、ぶら下がっていました。工場の話では、200トンプレスもアンカーボルトが抜けて傾いたとか。町並みの屋根瓦はほとんどの家が壊れてます。幸い機械の方は大きな問題もなく順調に復旧しましたが、工場内で震度4強の余震にあい機械がぐらぐら揺れ、慌てて外へ避難しました。日曜日に時間が出来ましたので海岸線の塩谷岬まで約3時間かけて恥ずかしながら様子を見に行きました。今問題になっている福島県の南相馬郡も通って行きました。山間の静かな村でした。海岸線に着くと景色が完全に変わります。まさにテレビの通り・・道路があるだけで全てがれきの山。見るも無惨でした。来なきゃーよかったと反省・・帰社後早速皆に呼びかけ、チャリティーコンペを開催。OB、池ポチャ、3パット等の罰則を設けて寄付を集めました。皆さん進んでか?ミスを続け、思わぬ募金が集まりました。被災地で見た食事処の方々が、現場近くで店を開け、飲み水もバケツに準備して復旧作業をする皆さんにできる限りの料理を一律500円で奉仕、更に奥の間にはたくさんの避難民の方々を抱えている姿にはとても及びませんが、これからもできる限りの協力を行っていきたいと思います。  

レンタル掲示板
/6