teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:248/422 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Michael Fischer(ミヒャエル・フィッシャー)即興演奏ワークショップ

 投稿者:コラボラボoh-hoメール  投稿日:2007年 8月22日(水)01時04分11秒
  通報 返信・引用
  何時もお世話になっております。コラボラボoh-hoです。
告知にて失礼致します。

Michael Fischer(ミヒャエル・フィッシャー)即興演奏ワークショップ(通訳 寺内大輔)

2007年08月26日 13:00~17;00

参加料金:2500円(見学者も同額) 1万円札だけは勘弁してくださいまし。

会場:
西武線「新井薬師」徒歩3分
JR中央線「中野」徒歩13分
[住所] 中野区新井5-9-1 アーバンハイム津島B1 整体院の地下1階
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&scl=25000&grp=all&nl=35/42/39.369&el=139/40/21.208&coco=35/42/39.369,139/40/21.208&icon=home,,,,,

<挨拶>
こんにちは、ミヒャエル・フィッシャーと申します。このたびは、フジエ氏の企画により、東京でワークショップを行えることを大変うれしく思っています。 このワークショップでは、シンプルな方法を用いた即興演奏に、様々な音楽表現の可能性があることを体験して頂きたいと思います。 音楽家の方も、そうでない方も、音で何かを表現することに興味がある方なら当日は、楽器か、何か音の出るものをご持参ください。 ワークショップで皆様にお会いし、興味深い音楽を分かち合うことを、ここ緒より楽しみにしています。

<プロフィール>
ミヒャエル・フィッシャー(即興演奏家/作曲家)

 ブライナー音楽院、ウィーン国立音楽大学などで、ジャズ・サキスフォンと作曲を学んだ。
 即興演奏分野では、サキスフォン、ヴァイオリンを用い、ソロからアンサンブルまで様々な形態で演奏。新たな表現を生み出し、CD「Strange Aid」「Solo」に収録。ウィーンを拠点に、イタリア、イギリス、クロアチア、ルーマニア、アメリカ、オランダ、ベルギー、フィンランドなどで幅広く演奏活動を行い、音楽祭にも多数参加し、CDも数多くリリースしている。
これまでに、イレーネ・シュバイティッツァー、デニス・チャールズ、ウィリアム・バーカー、ペーター・コワルド、ヴィルベルト・デ・ヨーデ、三宅珠穂、寺内大輔、アンディ・ムーア、ロンドン即興演奏家オーケストラなど、数多くの演奏家、ダンサーと共演。
 作曲分野では、話し言葉と音楽との変換を試みた作品などのコンセプシャアルな作品が多い。
 音楽教育分野では、ブライナー音楽院、ウィーン国立音楽大学等で、サキスフォン/即興演奏の講師を歴任した他、自ら設立した「ウィーン即興演奏家オーケストラ」でも、異分野の表現者による集団即興演奏を指導、実践。またアマチュア音楽愛好家を対象としたワークショップもたびたび行っている。今回の日本公演では、クリエイティブ・ミュージック・フェスティバル講師として、即興演奏ワークショップを行う予定。

http://www.iamas.ac.jp/~masaot99/s/

 
 
》記事一覧表示

新着順:248/422 《前のページ | 次のページ》
/422